Webマーケティングについてマニアックな内容を書いてみる。

Webマーケティングについて、基本的なところからディープなところまで(行動心理学、コピーライティング、SNS集客etc)とりあえず書いてみる

第10回Webマーケティングのディープな話

最近のWebマーケティングでは、
Twitter、Facebook、インスタ、youtubeなどは
欠かせない存在となってきましたが、
私が最近危惧しているのは、
SNS利用者の”弱年齢化”です。


Twitterでよくみかけるのは
中学生や高校生の趣味アカウントです


逆にFacebookでよくみかけるのは
40代~50代の独身男女。


インスタは20代から30代の
女性が多い傾向にあるように思いますが


Twitterの弱年齢化はかなり
社会的に問題があるのではと
感じています。


Twitterは誰でも簡単に使える
手軽さゆえに犯罪の温床であるにも
関わらず利用者の多くは10代というのは
かなり危険ですよね。


出会い系サイトのアフィリリンクなど
よく見かけますが、
発信源は中学生だったりします。


つまり、Twitterを使った
「Webマーケティングを中学生がやっている」
ということです。


それを50代~60代の世代は
知らない、もしくは問題視していないのでしょうか?


いや、中学生が危険にさらされているという
意味ではなく、
中学生でもできるマーケティングを
あなたたちは理解しているのか?
と、言いたいのです。


最近の中学生や高校生は
ネット上で調べて学ぶのが当たり前ですから
ネットに疎い世代よりずっと経営について
知っている人たちもいます。


その子供たちを
正しい方向に導く指導者はどれほど
いますか?


犯罪に手を染める前に
Webマーケティングの
正しい方向性を教える
授業や教室があっても
イイと思いますけどね。