Webマーケティングについてマニアックな内容を書いてみる。

Webマーケティングについて、基本的なところからディープなところまで(行動心理学、コピーライティング、SNS集客etc)とりあえず書いてみる

第12回Webマーケティングのディープな話

最近Webマーケティングを学べば学ぶほど
いかに自分が今まで何も知らなかったかを痛感します。


経営学や、行動心理学、コピーライティングや
Webマーケティングなど独学で、とにかく
様々な媒体からインプットしてこういった
ブログなどでアウトプットしています。


しかし、学べば学ぶほど奥が深く、
どんどん、学ばなければならないことが
増えていっている気がします。
そんな中でも、ひとつ確信が生まれました。


Webマーケティングでも経営学でも行動心理学でも
共通して言えることは蓄積したデータを検証し、
観察することで、対策を考えるという点です。


これはPDCAのサイクルにも似ていますが、
戦略を練り、実行を積み重ね、
テストし、検証する。
この繰り返しで独自のノウハウが蓄積されていき、
正しい方向性で対策をうてるんですね。


これは絶対的にゆるがない法則だと思います。


しかし、AIの登場で、そのデータの活用法も
変わってくるかもしれません。


今まで、実践でしか得ることのできなかった
データを、予測することが可能になるかもしれません。
そうなるとあらかじめPDCAを繰り返した対策を
はじめから世に送り出すことができ、
圧倒的な成果をあげる未来もそう遠くないと思います。


実際、これから重要視されるのは
データの取り扱いで、ビッグデータを持っている企業が
伸びるのは間違いありません。


昨日の、楽天と電通の共同会社設立の背景には
そういった事情があったのかもしれませんね。


データを蓄積している会社から
今後は目を離せません。