Webマーケティングについてマニアックな内容を書いてみる。

Webマーケティングについて、基本的なところからディープなところまで(行動心理学、コピーライティング、SNS集客etc)とりあえず書いてみる

第3回Webマーケティングのディープな話

最近のWebマーケティングは完全に


”2極化”が進んでいます。


情報をうまく活用できる人と出来ない人です。


SEO対策のやり方や、ランディングページの書き方
などのブログをたまに見かけたりするんですが、
非常に勿体ないと感じています。


情報をうまく活用できていない人の場合、
ブログの内容が、
ブログの読者を増やす方法や、アクセスアップの手法
を語っているのに、文章そのものが読みにくかったり
内容が薄いものを多く見かけます。


薄っぺらい内容のブログで集客しても
成果はでないでしょう。


ブログを集客の媒体としたいのなら
情報発信にはもっと力を注ぐべきです。


「これだけのコンテンツを無料で提供できるなんてすごい」


と思わせることができるくらいでないと、
質の高い集客には結びつきません。


情報をうまく活用できている人は
まず、ブログがきちんとカテゴリ分けされていたり、
タイトルと内容が一致していて
誰が見ても「読みやすい」です。


しかも内容が濃い。


誰でも簡単に「ググる」時代になってから
大体の情報は無料で手に入るようになりました。


わざわざ質の悪い情報発信をしていては
せっかくの情報発信の意味を成しません。


無料で濃い情報を提供するからこそ
見込み客から「信頼」を得ることができて
集客へとつながるのです。


あからさまな集客は、
もはや時代遅れですし、
Webマーケティング業界は
すごいスピードで変化します。


日々の情報収集と努力を怠っていては
情報をうまく使いこなしているつもりの
裸の王様状態です。恥をかきますよ。


Webマーケッターは常にプロであれ。


努力しないプロはいない。


本日は以上です。